モニター記事の書き方を説明しているうさぎの画像
トップお金を稼ぐモニターで稼ぐ方法まとめ>当選する確率が高くなる書き方と写真の撮り方

当選確率が上がる口コミの書き方と写真の撮り方

懸賞モニターに当選したら、期限以内に懸賞モニターの記事をブログやサイトに書きます。懸賞モニターは当選したら早目に感想を書くと次も当選しやすいので、期限は必ず守り、早目に書くと覚えておきましょう。このページでは懸賞モニターの記事の書き方写真の撮り方などを紹介しますので参考にしてください。

ダンボールに入ったモラタメから届いたモニター商品の画像

モニター商品が届いた時に撮影したものです。住所など個人情報は見えないように紙を切って張り付けたり、画像処理をしてください

モニターに当選したら、箱を開ける前に写真を撮っておきます。段ボールなど、届いた時のままを撮影しておくと、当選した様子が分って、なお良いと思います

懸賞モニターを経験してない人は、モニター商品がどのようにして届くのか興味があります。

また実際に届いた風景が分ると興味が惹かれ信頼にもつながるので、私は箱や袋の写真も大事だと思って撮影します。

写真はこれでもか~ってくらい撮る

モニター商品のバター好きのためのマーガリン6個の画像

段ボールを開けてモニター商品を撮影したものです。

なるべく明るい昼間のうちに撮影します。光が入り綺麗な画像になり、見た目も良いです。今回は正面の写真だけを載せていますが、商品の裏の画像、袋を開けた中身の画像など、いろいろな視点から撮影して紹介すると分かりやすくて好印象になります

懸賞モニターのマーガリンを使って作ったオムライスの画像

モニター商品を使って作った料理の写真です

モニター商品が食品であった場合は、このように出来上がった写真や、料理の風景が分る写真をとります。

化粧品などのモニター商品の場合は、なるべく使う前と使った後の比較を写真に撮ると分かりやすくてよいと思います。

アイライナーの懸賞モニター体験画像

これはアイライナーのモニターをした時の写真です。

実際に使ってみた写真やこすって消えるかどうかなどを試してみました。このように、こすっても消えない実験的なことをすると商品の特徴を細かく書く事ができます。

ファンデーションの懸賞モニター体験画像

顔の写真は載せるのが嫌だという人は、手の甲などに書いてみてもよいと思います

なぜなら顔は、シミやほくろが多いので恥ずかしくて見せられないので、手に塗って写真を撮る事が多いです

肌が綺麗な人は、頬だけ写したりすれば、もっと伝わりやすい絵になります

モニター品を使用した写真は綺麗に撮り、わかりやすくが大事だと思います

私の場合は、商品のアップ写真・裏の写真・使用写真を撮り、感じたままのコメントを書いています。

コメントも使う立場から、良い評価ばかりでなく、こうなったらもっと良いのに!などの改善や買いやすさ、実際に店で見かけたら購入したいかなども書くと良いです

懸賞モニターは家族の意見も大事

モニター商品を使ってみた感想は、家族全員分、そしてもっと良いのはお友達の意見も書くとパーフェクトです

食品のモニターの場合は、夫の意見や子供が美味しいって言ったか、また食べたいって言葉が出て来たかなど、好印象かそうでないかなど、本人以外の意見も書いています

家族皆の意見が一回で聞けると会社側もお得なので、次回の当選率も上がるかもしれません。

モニター記事の書き方は、食品の場合は、いつも食べてる物との比較や、感じたままの味などを書き、家族の反応も書きます。

口に合わなかった場合も正直に書いたり、商品のアレンジの例も載せておくとわかりやすいです

人によって感じ方や味覚などは違うので、自分が感じたままを書くって事が一番大事な事です

口コミは嘘を書いたら、意味がありません

使ってみた感想をそのまま、感じたまま書く方が次につながる確率も上がると思います

私も商品を購入する時は、必ず口コミを見ますが、リアルな意見が書いてあると、購入する気持ちが高まるので、気を遣ってよい事ばかりを書くのではなく、思った事を書くようにしています

私のモニター記事は、ブログに書いているので、良かったら見てください

関連記事